手軽に河川敷でバーベキューをしよう|準備のときのコツを紹介

波と風で競うスポーツ

ウィンドサーフィン

サーフィンとは少し違う

ウインドサーフィンはサーフィンのボードのような物にセイルという専門の道具を装着して行うウォータースポーツです。その歴史は1960年代後半にアメリカで発案され、現在では世界中に愛好者がいます。愛好者の増加によってウインドサーフィン競技の競技人口も増大し、今では様々な競技に派生してそれぞれの競技ごとに世界大会が開かれています。ウインドサーフィンは風を利用して進むというシンプルな原理です。だからこそテクニックで競技の記録が左右されます。努力すれば結果に返ってくる形は競技を続けるモチベーションを保ち易く、愛好者が離れない理由の一つです。ウォータースポーツの例に漏れずウインドサーフィンは非常に道具が高価です。しかし、サーフィンショップがレンタルをしていることもすくなくありません。初心者はまずはレンタルしてチャレンジしてみてはいかがでしょう。初心者の内は波と風を自由に操作するだけでも非常に楽しいですが、慣れてくると更に他人と競って高みを目指したくなります。そうすると競技会などに出場する事を考えなくてはいけません。ウインドサーフィンは風と波を利用するシンプルなウォータースポーツですが、その競技はテクニックやスピードを競ったりと様々に別れています。風を読んで、他の選手より好位置についてスピードを競うアップウインドレース、操船技術を競うスラローム、ひたすらにテクニックを競うフリースタイルといった具合に競技によって求められる技術は全然違います。競技大会に出場するなら、自分がどの競技をやりたいのかよく考えてみましょう。